中小企業診断士の講座で資格をとる

このご時世、就職には資格は強い味方です。色々な資格がありますが、今注目されているのが、中小企業診断士です。色んな学校があり、講座が開設されています。なかなかの難関試験ですから、独学で勉強は難しいでしょう。資格取得の近道は、専門の学校で開かれている講座を受講することが1番良い方法ですね。中小企業診断士の資格を持っていると何かと就職に有利ですね。いくつか、中小企業診断士の専門学校がありますから、その講座を受講することをお勧めします。

中小企業診断士という資格にあまりなじみがないかもしれません。しかし、日本の企業の中で1番多いのは大企業でなく中小企業です。これらで成り立っているのでその需要も多いですね。中小企業診断士の講座を受講する際は、通いやすい学校を選ぶこともポイントですね。学校にかようことが困難な方は通信教育の講座もあるようですから利用するのも1つの方法です。中小企業診断士は多くの中小企業の味方になれます。講座を受講してぜひ資格をめざしましょう。

中小企業診断士の講座は費用もかかりますから、講座を選ぶ際のポイントは資格の合格率などが参考になるでしょう。学校によっては通学と通信教育の両方を選べるところもあります。どちらにも対応している学校の講座の方が使い勝手が良さそうですね。中小企業診断士という資格は合格するのも難関ですから、カリキュラムをよく吟味して選ぶことをお勧めします。中小企業診断士の資格を取得すれば、いすれか独立を目指すことも可能ですね。


まだまだ知られていない世界、中小企業診断士の資格

中小企業診断士という資格は数多くある資格の中でもなじみの薄い資格であるために、あまり知られていない世界ではないでしょうか。中小企業診断士は、中小企業に対して経営の診断を行い、それに基づいた経営のアドバイスを行うための資格です。中小企業支援法という法律があり、その中に定められた国家資格です。現在の日本は中小企業の技術力により支えられており、国家資格である中小企業診断士と相互に助け合い今後も伸びていくためにも非常に重要な役割を果たすのです。

わが国では中小企業の技術力は今後も重要視され、経済の基盤になるであろう存在です。しかしながら、中小企業の置かれている状況は良好なものではなく、逆に非常に厳しいものです。厳しい状況の中、高い技術力を持ち有力な中小企業でさえも経営危機に陥ることが考えられます。ですからその厳しい状況を抜け出すために、中小企業診断士の資格を有する人に相談を行う、診断やアドバイスをもらう必要があります。需要の高まりから中小企業とは切っても切り離せない間柄になりつつあるのです。

中小企業診断士による中小企業の診断やアドバイスといったコンサルティング業務は、独占業務として法律により定められているものではありません。ですから中小企業診断士資格を有しない人でもコンサルティング業務を行うことは可能となっています。しかしながら、中小企業の経営に関する広く深い知識を持ち、適切なアドバイスを送ることのできる中小企業診断士に対する安心感はあります。信頼や信用は絶大で、今後もニーズは増えると予想されます。


中小企業診断士の1次試験の概要

中小企業診断士資格は、あまりなじみの薄い資格ですが、中小企業に対して経営の診断またはアドバイスを行うコンサルタントとして非常に需要のある資格です。今後は現在よりも需要が伸びると予測されますので、ひそかに注目を集めつつある資格のひとつとなっています。中小企業診断士は国家資格であり、国家試験に合格しなければ資格を得ることができません。中

小企業診断士試験は、1次試験と2次試験に分かれており、1次試験をパスできなければ2次試験に進めません。

1次試験は7科目がマークシート方式で出題されます。試験日程1日目に経済学・経済政策の試験が60分間、財務・会計の試験が60分間、企業経営理論の試験が90分間、運営管理(オペレーションマネージメント)の試験が90分間行われます。試験日程2日目に経営

zp8497586rq

行き詰まりを感じたら経営コンサルタントに相談

どんなに頑張っても事業が停滞してしまうことがある。そんな時、方針を新たに転換させるべきか、継続させるべきなのかは悩みどころだろう。しかし自分達だけで悩むのは、どうしても行き詰ってしまうものだ。そんな時は、ノウハウを持った外部の人間に知恵を借りるのは如何か。経営コンサルタントだ。経営コンサルタントは、企業を見て、分析し、アドバイス等をしてくれる。では、どんな経営コンサルタントに依頼をすればいいのか。

経営コンサルタントは、実績が全てだ。当然、知識も経験もない人間に、経営のアドバイスをして欲しいとは思わない。では実績があれば、誰でもいいのだろうか。大事なのは、その経営コンサルタントは何を強みにしているのか


中小企業診断士の登録有効期間は5年間

中小企業診断士は試験に合格をして認定されなければなりません。また、中小企業診断士の試験というものは第一次試験と第二次試験があり、それぞれ合格をして認定される場合と、第一次試験だけ合格をしてから、実務補習を修終了する事で第二次試験に合格をしたのと同じ扱いになるようです。因みに、第一次試験に合格をして第二次試験を受ける場合、第一次試験の科目でもある7科目全てが合格する必要がありますが、これらの科目を3年間の中で全部合格となれば良いのです。

例えば、初めの年に5科目合格となった場合、翌年に行われる試験は7科目ではなく残りの2科目となります。但し、受験者からの申請がなければこの限りではないのです。そして、2科目の試験を受けて、2科目とも合格となれば次のステップに進めますし、も