行き詰まりを感じたら経営コンサルタントに相談

どんなに頑張っても事業が停滞してしまうことがある。そんな時、方針を新たに転換させるべきか、継続させるべきなのかは悩みどころだろう。しかし自分達だけで悩むのは、どうしても行き詰ってしまうものだ。そんな時は、ノウハウを持った外部の人間に知恵を借りるのは如何か。経営コンサルタントだ。経営コンサルタントは、企業を見て、分析し、アドバイス等をしてくれる。では、どんな経営コンサルタントに依頼をすればいいのか。

経営コンサルタントは、実績が全てだ。当然、知識も経験もない人間に、経営のアドバイスをして欲しいとは思わない。では実績があれば、誰でもいいのだろうか。大事なのは、その経営コンサルタントは何を強みにしているのか


中小企業診断士の登録有効期間は5年間

中小企業診断士は試験に合格をして認定されなければなりません。また、中小企業診断士の試験というものは第一次試験と第二次試験があり、それぞれ合格をして認定される場合と、第一次試験だけ合格をしてから、実務補習を修終了する事で第二次試験に合格をしたのと同じ扱いになるようです。因みに、第一次試験に合格をして第二次試験を受ける場合、第一次試験の科目でもある7科目全てが合格する必要がありますが、これらの科目を3年間の中で全部合格となれば良いのです。

例えば、初めの年に5科目合格となった場合、翌年に行われる試験は7科目ではなく残りの2科目となります。但し、受験者からの申請がなければこの限りではないのです。そして、2科目の試験を受けて、2科目とも合格となれば次のステップに進めますし、も