中小企業診断士の資格をとるには

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断や助言を行う専門家です。「中小企業支援法」に基づき、経済産業大臣が登録を行う国家資格です。中小企業の経営者が、その経営に関して適切な診断、および助言をうけるにあたり、診断と助言を行う人を選定するための基準となるよう、経済産業大臣が一定のレベル以上の者を認定し、資格として与えるわけです。これを中小企業診断士制度とよび、日本における唯一の経営コンサルタントの国家資格になります。

中小企業診断士になるためには、様々な経営の知識や能力が必要とされます。このため、試験の分野は、「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「オペレーションやマネジメントなどの運営理論」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」と多岐にわたります。多肢選択式および短答式の筆記による1次試験のあと、合格者のみが筆記試験と口述試験で構成される2次試験に進むことができます。そして2次試験に合格後のと実技補習を経て、ようやく中小企業診断士として登録をすることができます。

中小企業診断士になると、まず企業の成長戦略の策定において、専門的知識を持ってアドバイスをすることができます。そして、策定した企業の成長戦略実施のための、具体的な経営計画を立て、その実行や経営環境の変化を踏まえた上での支援を行います。このため、中小企業診断士は、専門的知識知識の活用ばかりでなく、企業と行政、企業と金融機関のパイプ役や、中小企業の施策の適切な活用支援と、様々な役割を求められます。難しいですが、やりがいのあるこの中小企業診断士の資格取得に、あなたもチャレンジしてみませんか。