まだまだ知られていない世界、中小企業診断士の資格

中小企業診断士という資格は数多くある資格の中でもなじみの薄い資格であるために、あまり知られていない世界ではないでしょうか。中小企業診断士は、中小企業に対して経営の診断を行い、それに基づいた経営のアドバイスを行うための資格です。中小企業支援法という法律があり、その中に定められた国家資格です。現在の日本は中小企業の技術力により支えられており、国家資格である中小企業診断士と相互に助け合い今後も伸びていくためにも非常に重要な役割を果たすのです。

わが国では中小企業の技術力は今後も重要視され、経済の基盤になるであろう存在です。しかしながら、中小企業の置かれている状況は良好なものではなく、逆に非常に厳しいものです。厳しい状況の中、高い技術力を持ち有力な中小企業でさえも経営危機に陥ることが考えられます。ですからその厳しい状況を抜け出すために、中小企業診断士の資格を有する人に相談を行う、診断やアドバイスをもらう必要があります。需要の高まりから中小企業とは切っても切り離せない間柄になりつつあるのです。

中小企業診断士による中小企業の診断やアドバイスといったコンサルティング業務は、独占業務として法律により定められているものではありません。ですから中小企業診断士資格を有しない人でもコンサルティング業務を行うことは可能となっています。しかしながら、中小企業の経営に関する広く深い知識を持ち、適切なアドバイスを送ることのできる中小企業診断士に対する安心感はあります。信頼や信用は絶大で、今後もニーズは増えると予想されます。