中小企業診断士の1次試験の概要

中小企業診断士資格は、あまりなじみの薄い資格ですが、中小企業に対して経営の診断またはアドバイスを行うコンサルタントとして非常に需要のある資格です。今後は現在よりも需要が伸びると予測されますので、ひそかに注目を集めつつある資格のひとつとなっています。中小企業診断士は国家資格であり、国家試験に合格しなければ資格を得ることができません。中

小企業診断士試験は、1次試験と2次試験に分かれており、1次試験をパスできなければ2次試験に進めません。

1次試験は7科目がマークシート方式で出題されます。試験日程1日目に経済学・経済政策の試験が60分間、財務・会計の試験が60分間、企業経営理論の試験が90分間、運営管理(オペレーションマネージメント)の試験が90分間行われます。試験日程2日目に経営

zp8497586rq