中小企業診断士の講座を受ける

中小企業診断士ってあまり聞きなれない言葉ですが、これは中小企業を診断して助言を行うアドバイザーです。この中小企業診断士は経営に対してのアドバイザーが主な業務ですが、それ以外にも金融機関等とのパイプ役や活動支援など内容は幅広く活躍しています。これらのことから、中小企業診断士になるためにはそれ相応の能力が必要になります。専門的な知識はもちろん、経営のための計画プランを立てたり随所に的確に対応できなければなりません。

中小企業診断士になるためには国家資格をとらなければなりません。独学では難易度が高いために講座を受け、サポートを受けつつ勉強するほうが、合格も近くなります。中小企業診断士の講座は、インターネットの普及もあり通信講座がとても便利な時代になりました。国家試験の内容では科目合格制が導入されています。これは3年間有効なので効率よく勉強してどうにか3年以内には合格したいものです。通信講座を上手く活用すれば効率性はかなり期待できます。

中小企業診断士を通信講座の利用で合格を目指しても中々簡単には資格所得は難しいものがあります。仕事の内容で元からある程度の知識を持っている方は比較的早く資格を所得できるようですが、そうでない場合は期間にゆとりを持って合格を目指すのが良いです。あまり時間がかかりすぎても仕事との両立が難しくなるかもしれません。中小企業診断士は活動範囲、内容ともにとても魅力がある資格なので合格すれば今後の仕事にはメリットが生まれそうです。


中小企業診断士の資格をとるには

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断や助言を行う専門家です。「中小企業支援法」に基づき、経済産業大臣が登録を行う国家資格です。中小企業の経営者が、その経営に関して適切な診断、および助言をうけるにあたり、診断と助言を行う人を選定するための基準となるよう、経済産業大臣が一定のレベル以上の者を認定し、資格として与えるわけです。これを中小企業診断士制度とよび、日本における唯一の経営コンサルタントの国家資格になります。

中小企業診断士になるためには、様々な経営の知識や能力が必要とされます。このため、試験の分野は、「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「オペレーションやマネジメントなどの運営理論」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」と多岐にわたります。多肢選択式および短答式の筆記による1次試験のあと、合格者のみが筆記試験と口述試験で構成される2次試験に進むことができます。そして2次試験に合格後のと実技補習を経て、ようやく中小企業診断士として登録をすることができます。

中小企業診断士になると、まず企業の成長戦略の策定において、専門的知識を持ってアドバイスをすることができます。そして、策定した企業の成長戦略実施のための、具体的な経営計画を立て、その実行や経営環境の変化を踏まえた上での支援を行います。このため、中小企業診断士は、専門的知識知識の活用ばかりでなく、企業と行政、企業と金融機関のパイプ役や、中小企業の施策の適切な活用支援と、様々な役割を求められます。難しいですが、やりがいのあるこの中小企業診断士の資格取得に、あなたもチャレンジしてみませんか。


中小企業診断士を目指す人のための試験概要

中小企業診断士とは、中小企業の経営の診断やそれにもとづく助言を行うための資格で、国家試験に合格して得られる国家資格です。現在の我が国の経済は中小企業の存在により支えられていますが、存在する大半の中小企業が置かれている状況は決して良いものとは言えません。経営を診断、助言する立場である中小企業診断士はニーズがあり、今後も需要が増えていくものと考えられます。中小企業診断士の業務はその資格を持つ人でないとできない独占業務ではありませんので、誰でもアドバイスを送ることは可能ですが、資格があれば非常に信頼と信用を得られます。

中小企業診断士となるためには、前述しました通り国家試験に合格する必要があります。中小企業診断士の国家試験は、年に1回しか行われていません。試験は全国どこでも受けられるものではなく、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の7地区でしか行われていません。試験には1次試験と2次試験があり、その両方に合格し、実務補脩を受けることができなければ資格を取得することはできません。1次試験に合格しなければ2次試験に進むことができない仕組みになっています。

1次試験は、2日間にわたり7科目の試験が行われます。試験はマークシート方式により出題され、合格基準は総得点の60%以上の獲得かつ1科目でも40%未満のものがないことが条件とされています。2次試験は1次試験を合格した人のみが受けられるもので、中小企業診断士の仕事である診断および助言の実務事例問題を筆記により回答する試験が行われます。4科目出題され、合格基準は総得点の60%以上の獲得かつ1科目でも40%未満のものがないこととされています。2次試験は筆記だけが最後ではなく、筆記に合格した人にはさらに口述による試験が課せられています。筆記試験に出された事例をもとに1人ずつ口述試験が行われることになっており、こちらも60%以上の得点を獲得することが合格の基準とされています。


経営コンサルタントの概要と経営コンサルタントの重要性

経営コンサルタントとは、企業等の経営状態について、第三者の立場から、客観的に評価して、改善すべき項目がある場合に、経営に関する助言を行う者である。この経営コンサルタントは、経営状態について第三者の立場から評価する事が出来る為、企業等の経営に潜在的に存在している問題点を抽出する事ができる。つまり、経営コンサルタントは、企業等の経営に問題点がある場合に、問題点を抽出し、経営を改善させる為に非常に重要である。

この経営コンサルタントには、企業等の経営に必要になる高度な知識や、情報収集、情報の分析能力が求められる。その為、経営コンサルタントを名乗る者は、MBAを取得している場合や、日本の大学院において、経営学や商学についての知識を十分に習得し、経営学修士や、商学修士等の学位を取得している事が多い。また、経営コンサルタントには、企業等の経営者に、改善すべき項目を説明する為に高いプレゼンテーション能力も必要となる。

企業等の経営に関して、経営コンサルタントの助言を受ける事は非常に重要なものである。これは、経営コンサルタントが、経営に関する助言を行う企業に属さず、第三者の立場から経営状態の把握を行い、経営の改善に関する助言を行う為、企業等の経営者が自主的に経営の改善を図る場合に比べ、効率的に経営の改善を図る事が可能になる為である。このように、経営コンサルタントは、経営に問題点を抱える企業が、経営の健全化を図るために重要である。


企業の在り方を改善してくれる中小企業診断士

中小企業診断士は、文字通り、中小企業の経営全般の診断を行うことをその仕事とする。企業経営の理論、企業財務、企業会計、企業政策などの知識を駆使して、中小企業の経営方針を立て直したり、また、明確にしたりする。中小企業診断士は国家資格だが、この資格をとった場合、主として2つの道が考えられる。1つは、中小企業の経営コンサルタントとして独立して業務を行う道がある。ただし、中小企業のコンサルタント業務自体は、実は、診断士の資格がなくてもできるのだ。しかし、中小企業診断士の資格をもっているのとないのとでは信頼度がまったく異なっている。

中小企業診断士の資格は別の面でも活かすことが可能だ。それは、企業内で社員がとることで、社員のスキルアップにつながるのだ。社内のキャリアアップに有効な資格になるほか、就職、転職にも大きな武器となる。また、社員として1企業の末端で仕事を行うことで、会社のよい点と悪い点を実際に体験した上で、会社を辞めて、経営コンサルタントとして独立することもできる。この場合には、会社の中を知らずして経営コンサルタントになる場合に比べて、より深みのあるコンサルタントが可能だろう。

さらに、税理士など、企業内部の税務処理業務の代行処理をする立場にある者が、中小企業診断士の資格をとることで、担当する企業に対して、税務以外から、より的確な経営方針に対するヒントを提供したりすることで、より深い信頼を得ることが可能となるだろう。日本では多くの中小企業が、シンプルで効率的な経営の在り方を知らないでいるために、コスト的にかなり無駄の多い業務を行っている。少し見直すだけでかなり経営改善がなされる場合も多い。そういった場合に、中小企業診断士は大きな役割を果たすことができる。